(En/Jp) ZBrush課程Lesson How to make insert mesh.



(En/Jp) ZBrush課程Lesson How to make insert mesh.

(1). Any mesh can be insert mesh
1. Draw any kind of mesh.
2. Decide Orientation first of all!
This is important. Why?
Let’s assume like this.
Method “create insert mesh” is a way to ask ZBrush to do two steps.
First, ask ZBrush to take a picture of mesh because I want to draw insert mesh.
OK, do you pose. 1,2,3…click.
Then that picture will be passed to Brush department. Brush department will register new brush as insert mesh.
When you draw line, Brush wokr to put that mesh on line. Draw line direction and mesh direction is same. Starting is mesh top and ending is mesh bottom.
Likewise, if you turn 90 degree mesh and did insert mesh creation, you can draw 90 degree turn insert mesh.

3. Prepare another mesh you want to draw, eg., head.
(This must be done with Edit and Make Polymesh3D. Otherwise you can not drawa insert mesh o it.)
(2) How to make your own insert mesh.
Today I demonstrate three kinds.
1. Just simple mesh.
2. Separated three polygroup
3. Separated three polygroup and open top and bottom.

There are good and bad things.
No1 and 2 are both easy.
When you draw with Curve mode, then if you put enough curve resolution, you get smooth drawing. BUT that mesh points are not completely welded. Separate. Because ZBrush worked just to “insert” mesh on curve lines. Even stretching or overlaping, these are not welded.
Solution for these are to do WELD POINTS.
Then what is No.3?
ZBrush work automatically to combined top edge and bottom edge if it is open.
That’s why no need to do weld as above.
However you may easily imagine top edge shape and bottom edge shape must be perfectly same to connect. Otherwise you could not get seamless smooth line.

(1) どんなメッシュでもインサートメッシュになります。
1. なにかメッシュをかいてみましょう。
2. そして重要なのが、登録するメッシュの方向なので、方向を決めてください。なぜ重要なのかをたとえで説明します。
インサートメッシュを作る方法を例えばZBrushに次のふたつの手順を頼むとします。メッシュをインサートメッシュとして描きたいので、まずZBrushにメッシュの写真を取るようお願いします。すると、OK。ポーズをお願いします。123カシャ。とZBrushは写真を撮って、それを次のブラシ部門に渡します。ブラシ部門はその写真を新しいインサートメッシュとして登録します。
さて、インサートメッシュを描くときブラシ部門は登録されたインサートメッシュを描かれたカーブラインに沿って配置します。その配置の方法は、カーブラインの始まりは写真で撮った時の上方向、そしてカーブラインの終わりは写真で撮った時の下方向と一致します。
おわかりかと思いますが、もし90度傾けたメッシュを登録すると、90度傾いたメッシュが描かれます。
3.次に対象となるメッシュを用意してください。例えば頭部。(初心者への注意として、このメッシュはEditしてMake polymesh3Dをしてください。そうしないと描くことはできません。)

(2)自分独自のインサートメッシュをどのように得るか?
今日は3種類のデモを行います。
1.単純なメッシュ。2.3つのポリグループにわけたメッシュ。3.3つのポリグループにわけ、かつ上と下が空いているメッシュ。

良い点と悪い点を述べます。
上の1と2は簡単です。カーブモードで書く時、十分なカーブレゾリューションがあればスムーズなインサートメッシュラインを得ることができます。しかし、メッシュのポイントはくっついていません。離れています。なぜならばZBrushはただカーブラインにそってメッシュをインサートしただけだからです。ストレッチやオーバーラップしてもくっついてはいません。解決法はWELD POINTSを行うことです。
それでは上の3はどうでしょう?
ZBrushは自動的に、もし上と下のエッジが空いていればそのエッジをくっつけます。そのため上で述べたようなWELDは必要ありません。
しかし簡単に思いつくでしょうが、上のエッジと下のエッジの形状は全く同じでなければスムーズでつなぎ目がないラインを得ることはできません。

Background music: https://somafm.com/

source

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai.